愛される人になるために必要なたった1つの方法~自分軸で生きる~

こんにちは。”アラフィフりすこ”です。

誰でも愛される人になりたいですよね?

じゃあ、どうやったら良いの?

でもその方法って、案外シンプルなんです。

それは、ズバリ

「自分軸」で生きる事。

「自分軸」ってなに??

自分勝手とは違いますよ~。詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

愛される人とは大切にされる人

愛される人といっても、ここでご紹介するのは「異性にモテる人」とか「人気者」という意味では無くて、言い変えると相手に「大切にされる人」です。

では「大切にされる人」の対義語はなんでしょうか?

それは「粗末にされる人」です。

「いつもなんだか不幸になる」「気がつくと嫌なことばかり」という人です。

なぜだか自分から犠牲を買って出てしまい苦労ばかり。

その結果、難題を押し付けられたり、約束を守ってもらえなかったり。。。

ああ、何だか書いていて辛くなってきてしまいました。

それは、実は昔のわたし自身だからです。

人より優れたところが無いから廻りに「いい人だね」と思ってもらうために「つい自分のことよりも、相手が喜んでくれることに重きをおいてしまう」

なのに、その結果は「優しい人、頼りになる人」ではあっても、決して「愛される人」では無かったのです。

そんな過去の経験から私が考える「愛される人」になるための方法をお伝えします。

あなたが大切にされない原因

では、どういった行動が「愛される人」とは違うのか、あなた自身の行動と照らし合わせてご覧下さい。

〇 見返りを求めない(が、いつの間にか与える一方)

〇 しっかりしていると言われる(が、しっかりしすぎて仕事が増える)

〇 よく気がつく(が、なんでも頼りにされて期待値があがる)

〇 相手のことおもいやり気持ちを分かってあげる(が、愚痴ばかりきかされる)

〇 先回りして世話をやいてあげる(が、いつの間にかやるのが当たり前になってしまう)

〇 相手の失敗が許せる(が、甘やかしすぎて、なめられる)

心当たりはありませんか?

あれ、これって私だ!って思ってませんか?

一見すると、とっても優しい良い人。

こんな友達欲しいな、って思わせる人。

ですよね。

でもそこが落とし穴です。

まるでお母さんの様に何でも受け入れてくれる他人って、結局は大切にされないんです。

言葉は悪いですが、「便利な人」になってしまうんです。

人として優しいというのは良い事なんですが、もしあなたが

「気がつくと自分のことよりも、相手が喜んでくれることに重きをおいている」

「相手の機嫌が悪くなる不安になる」

「相手が喜んでくれさえするならば自分は我慢すれば良い」

と少しでも感じているなら、それがあなたが大切にされない原因です。

すぐにやめましょう!

スポンサーリンク

愛される人、大切にされる女性の特徴

では、大切にされる女性の特徴を見ていきましょう。

まずは主語が「私」です。

自分がどうしたいのか、どう感じるのかを一番優先に考えます。

それは「わがまま」とか「自分勝手」とは全く違います。

「自分を大切にし、自分で考え、自分の判断で人生を生きる」という事です。

自分軸でものごとを考える事です。

〇 自分の気持ちを相手と同じように大切にしている

〇 相手が何が機嫌が悪かったときに、自分のせいだと考えない。

〇 自分がやってあげる事よりも先に相手がやってくれることに感謝する

〇 相手の言葉に過度に期待しない。

〇 自分の気持ちを素直に伝え、もし歩み寄りが難しいならその人間関係から離れる。

ポイントは、「自分と相手を共に尊重」です。

相手のことも大切にしながらも、自分のことを決して忘れない。

自分が与えつつ、相手から与えられることを喜んで受け取れる。

それが「自分軸です」

その良いバランスがとれない関係、一方的に自分が与える事を求められるなら、相手から離れることができる。

自分軸でものごとを考えることがあたりまえにできるようになると、自分の廻りの人間関係が劇的に変わります。

無理な犠牲をしなくても人との関係は成り立ちます。

「私はどうしたいか」を第一に考えても誰もあなたを批判などしません。

むしろ他人のことも無理せず大切に出来るようになる……。

だからこそ相手から愛される人として大切にされる関係になります。

世界にたった一人しかいない自分を大事にできるのは自分ひとりだけ。

まずは自分で自分のことを大切にしましょう。

自部軸で生きていきましょう。

そうする事で、きっと相手から愛される人になって、大切にされる人になります。

その結果、相手を大切にして。。。の好循環が始まります。

良い人間関係を築く第一歩を踏み出してみて下さいね。

スポンサーリンク

まとめ

〇愛される人とは相手に「大切にされる人」

〇「気がつくと自分のことよりも、相手が喜んでくれることに重きをおいている」と相手に大切にされない。すぐ、やめましょう。

まずは自分で自分のことを大切にしましょう。自分軸で考えましょう。そうする事で、きっと相手から愛される人になって、大切にされる人になります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする