運がよくなる習慣|お参りや占いを上手に受け取って幸せを呼ぶ考え方

こんにちは、”アラフィフりすこ”です。

みなさんは「占い」や「おみくじ」などを信じていますか?

さらには、「風水」や最近良く聞く「引き寄せの法則」を信じていますか?

私は占いやおみくじ、風水、引き寄せの法則を活かして運が良くなることはあると思っています。

ただし、ひとつだけ条件があって、

それは、占いやおみくじ、引き寄せの法則を読んでるだけではダメで、大切なのはその上手な受け取り方と、みずからの行動と努力。

これが出来る人だけに運がついてくるということです。

え?「じゃあ、それって運じゃないじゃない。努力したなら当たり前のことじゃない」

って思われるかもしれませんが私の考えはちょっと違います。

詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

運がよくなる習慣|占いやおみくじの受け取り方

例えば、占いで「手紙を出すと幸運がまいこみますよ」といわれたので、その通りやってみたら良いことがあった。

これは行動や努力の物理的な結果も、もちろんあるでしょうが、それよりも大きいのは

「行動や努力で望みの人生を勝ち取ろう!」とする

その強い意志が、運を左右して引き寄せ、渦巻のようにさらなる気を高めていくのです。

自分は神様の言葉通りに行動、努力をしたのだから、運が良くなるに決まっている!と

思い込むことで得られるエネルギーはとてもとても強いのです。

思い込みが無意識の波動になって現実をつくる、という「引き寄せの法則」そのものです。

もし、占いやおみくじで「いい事がおきる」と書いてあったら、そのまま信じましょう!

いい気分で私はラッキー!と思い込み、

さらにその幸せが継続するように努力や行動、廻りへの感謝をさらに続けましょう。

「悪いことがおきるかもしれません、注意しましょう」と書かれていたらこれもラッキー!

悪い事がおきないように前もって行動できますし、もし、その悪いことが起きたとしても、それは自分にとって勉強させてもらえること、乗り越えることで自分の成長になること。やっぱりラッキー!と捉えること。

自分におきる事すべてに意味があると思える人

プラスに解釈する人

にとっては、占いやおみくじは「今年は不運の年」でも「大吉」でも「凶」でも

すべてが学びになります。

すべてが幸せにつながります。

運がよくなるために、考え方の癖を意識する

自分は運が悪いんだ。という人がいます。

運が悪い人というのは誰かが決めたのでは無く、おうおうにして自分の思い込みでそう思っているだけです。

運のいい人の真逆で、「自分は運が悪い」という思い込みの負のエネルギーが悪い出来事を引き寄せて悪循環を起こしている。

同じ出来事に遭遇しても、その受け取り方や解釈の仕方によってその先の人生は全く違う結果を呼び込みます。

「コップに半分しか水が残ってない」

「コップに水が半分も残ってる」の違いですね。

これは単なる考え方の癖なので、ちょっと自分が

「今、凹んでいるな。。。ネガティブになっているな」

と気がついたら、とにかく、無いもの、失ったものへの執着を捨てて、今あるものに意識を集中する。

あるもの、残っているもの、持っているものに感謝をする。

これに尽きます。

失ってしまった半分の水のことは、どんなに考えても、もう戻ってくることは無くどんどん辛くなるばかりです。

ネガティブな意識は新たなネガティブな出来事を引き起こします。

これはとっても損な考え方です。

それよりも、残った半分の水をどうやって美味しく飲むか、誰と楽しく飲むかを考えるとワクワクしてきます。

そのワクワクした気持ちが、どんどん幸せな出来事を呼びこんでくる。

考え方の癖にちょっとだけ意識を向けていきましょう。

スポンサーリンク

運が良くなるための想像力

そして、運がいい人の考え方の特徴がもうひとつあります。

それは、たくさんの幸せを持っていると思われる人が実は抱えているであろう、苦労や困難を想像してみる事ができる事です。

これが出来ると、表面からは単に運がいいだけに見える人が、実は見えないところで努力や苦労をしているからだという事に気がつき、そのやっかみや妬みの気持ちが無くなります。

人の持っている負の感情で妬みが一番に毒が強いといわれています。

人のことを妬まない、それだけで随分気持ちが楽になって

確実に運がよくなります。

すべては自分が決めること

「できると思ったらできる。できないと思ったらできない」

運がいいか、悪いかは、後からついてくること。

まずは、

「できると思いこむこと」

そして、

「すぐに取り掛かること」

そして

「継続すること」

大事な事なのでもう一度。

「できると思ったらできる。できないと思ったらできない」

つまり、できると思えさえすれば、出来る!

それが運が良くなる習慣。

運がいい人になる近道です。

スポンサーリンク

まとめ

お参り、おみくじ、占い、引き寄せの法則。いずれもただ「聞きっぱなし、読みっぱなし、お願いしっぱなし、」なだけでは運は良くなりません。

〇行動、努力、思い込みでエネルギーを得て運を引き寄せる

〇自分におきる事すべてに意味があると思える人、プラスに解釈する人にとっては「凶」のおみくじでさえもラッキー

〇ネガティブ思考になりそうだったら、あるもの、残っているもの、持っているものに感謝をする。

〇「できると思ったらできる。できないと思ったらできない」

〇運を良くする習慣は「できると思いこむこと」「すぐに取り掛かること」「継続すること」

スポンサーリンク

初詣について詳しくご紹介しています!

↓↓↓↓

<<大晦日から初詣にいくのは正しかった!初詣の原型「二年参り」のこと

<<初詣の回数が多くても大丈夫なの?ってしきたりが心配なあなたに

<<2018年の恵方は南南東やや南!恵方参り(初詣)の方法、調べ方や行き方

<<おみくじの順番と保管方法ちゃんと知ってる?神社本庁で調べてみた!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする