「ヘアカラー専門店」口コミを見て不安になったけどリタッチに行ってみた!

ヘアカラー専門店

髪の根元が白くなって気になるので、美容院へは1ヶ月に1度行くのが習慣だった”アラフィフりすこ”です。

最近、道路沿いで見かける「ヘアカラー専門店」の看板。

ものすごく気になってたんですが周囲にリサーチしても行った経験のある人がいなかったので、まずはネットで口コミ検索したところ。。

・悪い口コミ

・良い口コミ

まあ、当たり前の事ですがいろんな意見があるようで迷いました。

「なんでこんなに安いんだろう?」という疑問もわいてきました。

ですがある日、どうしても白髪が目立ってきた生え際を染めたいのに、美容院の予約が取れなかったので思い切って行ってみました!

スポンサーリンク

気になる良い口コミ・悪い口コミ

良い口コミが多いから、かえって不安になる

そもそもネット上の口コミって誰が書いてるか、ちょっと疑問では無いですか?

特にベタ褒めの口コミってお店の関係者の人が書いてるんじゃ無いのか??ってブラックな私はやや冷めた目で見てしまいます。

「ヘアカラー専門店」の口コミも調べてみると良い口コミが圧倒的に多くて。

だからこそアマノジャクな私はちょっと不安になったので、質問サイトなども含めていろいろ調べてみましたので、ご紹介してみます。

良い口コミを具体的にご紹介

では、美容関係サイトの口コミの中から良かった!と言っている口コミをご紹介します。

”カラー専門店は初めての利用だったので少しドキドキでしたが、雰囲気も良く、仕上がりもとても満足です♪♪お財布にも優しいです(^ ^)
また利用したいです”

”とても満足しています。カラーは白髪が悩みのタネの50代にはとても重要な施術です。カラーはなんとなくカットより下に考えられがちですが、個々の髪質によって使う色味など様々なため、ほんとにプロの方にしてほしい技術だと思います。
そう言った意味で、今回はほんとに大満足です。またお願いしたいと思います”

”初めての利用でしたが、前回他店で薬剤がしみた話をしたら、適切な対処と気遣いをいただき、トラブルなくキレイに染まり満足です。
説明も丁寧で、安心してお任せしました。このお値段なら気軽に行けますので、また、よろしくお願いします”

”メニューが多すぎず、わかりやすい。
対応も迅速で無駄な時間が無く心地よかったです。仕上がりも大変満足できました”

”染料もシャンプーも良いものを使っていて、髪の毛のコンディションが良いです。
また、気に入っているのは過度に話しかけられたりせず、淡々と快適に施術が終わることです。また必ずうかがいます。”

手軽でお安いのにちゃんとしてる!!って満足されている方多いです。

スポンサーリンク

悪い口コミを具体的にご紹介

では、美容系サイトではあまり悪い口コミが無かったので、教えてgooやyahoo知恵袋でもリサーチした悪い口コミをご紹介します。

″口コミを見て行ってみましたが、私の髪には合わなかったようで、パサつきが目立ってしまいました。値段は安くて行きやすいので、残念です″

″値段相応だと思います。急ぎでヘアカラーをしたい方や値段重視の方には良いと思います。ヘアケア商品を試したあとに購入できるのは良いと思いました″

″カラーの種類はすごく少なめです。
店内がとても寒く、カラー剤もすごく冷たかったです。サービスのドリンクは冷たい麦茶のみでした。お値段がお手頃なので仕方ないかな…という印象でした″

″私は美容室はおもてなしのサービスやお洒落な雰囲気なんかも魅力なわけで、染めるだけであとはお客に任せたっ!てゆうのにはちょっと抵抗がありました″

″前払いしてもらえれば取りっぱぐれがないということですね、苦情は受け付けないのですね、お店側だけに都合のよいシステムだと感じます。リタッチでしたが、ムラになってる部分と少し液が足りないんじゃないかな?とは思ってましたが生え際が塗れてない感じでした″

最後の口コミの「前払い」というシステムは、後でも紹介しますが一番最初に「自動券売機」で料金を支払うシステムの事を言っているんですが。。。

「ああ、こういう捉え方もあるんだな~」とちょっと驚きました。

私は逆に「合理的で良いな~」と思ったので、物事の感じ方って人によってこんなに違うんだー!!と驚きました。

という訳で、人によって感じ方や判断基準が違うわけですが。。

どちらかというと合理的であっさりした事が好きなアラフィフりすこの「ヘアカラー専門店へ行ってみたよレビュー」詳しくご紹介いたします。

私がヘアカラー専門店を利用してみた理由

ヘアカラー専門店

↑私が実際に行った「COLORプラス 渕町店」

ここしばらくの間ずっと違和感があったのは「美容院に行くサイクルとコスト」

カラーは1ヶ月すると白髪の根本がちょっと白くなってくる。

でもボブだしカットは2,3か月に一度のペースでいいかな~というのが本音。

つまりカラーの周期とカットの周期が合わなくて困っていました。

カットしなくても全然丈夫なんだけど、白髪の根元が目立ってカラーの為に1ヶ月に一度は美容院に行かなくちゃいけないのが面倒くさい。

仕事が終わった時間帯はなかなか予約が取れないし、かと言ってせっかくの休日が半日潰れるのはもったいない。

それに美容院のヘアカラーって毛先ちょっとそろえる程度のカットと合わせて15,000円くらいしますからね。

これお財布に優しく無いです。

面倒くさい上に大事な休日の時間を持ってかれて、何とかならないかな?

でも、安いからと言って、ドラッグストアに売ってる市販のカラー剤って。。

髪を痛めるんじゃないか?

カラーが合わなくておかしな事にならないか?

自宅の浴室が汚れたりしないか?

とさすがに不安でやってみる気にならない。

という状況だったので、

「合わなければ、1回だけにすればいいや」と思いきって行ってみました!

スポンサーリンク

実際に行ってみた感想

事前にネットで確認して電話で予約を入れました。

平日とはいえお盆休暇中でしたが、あっさり希望の時間の予約が取れました。

幹線道路沿いで駐車場は十分にあって問題無いです。

口コミでもさんざん指摘されていますが、対応は確かにそっけないです

ただし、美容院に対しておもてなしや癒しを望む人には不評かもしれませんが、私はそういう事は全く望んでないので、全然問題なしです。

むしろ、過去に通っていた美容院はノルマがあるんだろうけど、行く度に毎回

「このトリートメントいかがですか~?」

「このスタイリング剤良いですよ~」

って物販セールスがうっとうしかったのでかえって淡々と作業してくれるのが好ましく感じました。

お客さまの層もおばちゃ~ん(あ、失礼マダム)ばっかりかと思ったら、30代、40代の人の方が多かった。。。

という訳で。。。

「予約を早くとりたい」

「施術時間を短くすませたい」

「過度な接客サービスはいらない」

「安く済ませたい」

と考える合理派タイプの人だったら満足してきっとリピーターになるんじゃないかな?と思います。

逆に、いくら安くても、その合理的なシステムが売りなので、

「お洒落な雰囲気の中で丁寧に接客してもらってリフレッシュするため~」

に美容室に行かれる女子力高めタイプの方には向いてないと思います

ではその合理的なシステムやなぜ安くできるのかを調べてみました

料金やサービスの流れ

ヘアカラー専門店

まずはヘアカラーメニューと料金

(全メニューシャンプー込)

全体染め(根元から毛先まで全体を染める)2,980円

根元染め (伸びてきた部分は2cmまで)1,980円

オプションの集中ケアトリートメント 1,000円(税込)

わかりやすいように、ハッキリ表示されていて安心感がありました。

サービスの流れ

①券売機にてチケットを購入(初めての人には説明してくれました)

②荷物をロッカーへ自分で保管(鍵は輪ゴム付きでスーパー銭湯みたいに腕につけます)

③カラー剤の色を相談(カラーは白髪染めからおしゃれ染めまで80色揃っていました)

④カラー材の塗布(待ち時間の間は雑誌を読めます)

⑤シャンプー台に移動してシャンプー

ここで終了~。

あとはセルフでドライヤーで乾かしたり、セットしたりします。

(カウンターにはブラシやコテやセットスタイリング剤なんかもあって、自由に使えます。慣れてそうな人は持ち込んでました。)

なぜ安くできるのか調べてみた

カラー剤を安く仕入れる・店舗にコストをかけない

ヘアカラー専門店

カラー専門店はカラー剤を大量に使うため、業者からの仕入れ値がお得の様です。

店舗もシンプルな造りで(ほら美容室ってやたらお金かけたインテリアとか多いじゃないですか?それとは全然違って、シンプルで最低限なインテリアです→質素とも言う)ストを掛けない。

スポンサーリンク

技術の必要ないサービスは徹底して省くことで人件費を抑える

まずは、事前に券売機でチケットを買うので、会計の人手や手間がいりません。

予約は事前にネットか電話でするのですが、電話は別のところで集中して受けてるみたいで店舗に電話は無いようです。だから技術者が集中して仕事が出来るようです。

美容室に良くある「ドリンクサービス」は無いです。

滞在時間が短いっていうのもあるんでしょうけれど、ここでも無駄なコストは省かれています。(カラー剤を塗布した後の待ち時間に読む雑誌はちゃんとありましたよ)

カラー剤を流してシャンプーして終わり。濡れたままタオルを頭に巻いた状態で終了です。

これがちょっとびっくり!!気がつくとスタッフさんは次のお客様の対応を始めていまして、ひとり放り出される感じ(笑)

そのあとはセルフでブローします。

これ人件費の大きな削減になりますね。

技術のいらない工程は徹底して削ってあります。

ただ、こうやって文章にしてしまうと殺伐としますが、実際にはスタッフさんは終始自然な笑顔ですし、言葉使いもちゃんとしてます。

コチラからわからない事を尋ねれば、ちゃんと丁寧に答えてくれました。

カラーを選ぶ時も以前通っていった美容室と同じレベルで相談にのってもらえました。

イメージで言うとファストフード店。

必要な事をマニュアルにのっとって淡々とこなされている感じ。

私はプロの美容師さんには「しっかり丁寧に染めて下さる事」しか望んでいません。

ですので予約の電話を取ったり、ドリンクサービス用意したりの無駄な事は省いてもらっても全然問題が無く、その分でコストを安く抑えていただけるのなら良いな、と感じました。

さて、接客や店舗のシンプルさは納得していれば、合理的で良いと思うんですが、施術してもらう立場としてカラー剤に何を使っているかは心配ですよね。

ちょっと調べてみました。

スポンサーリンク

使っているカラー剤について

これについては、それぞれの店舗の公式WEBを見るときちんとカラー剤のメーカーやブランドなどが写真付きでUPされています。心配なら事前に確認する良いと思います。

一般的な美容室で使用されているものと全く変わらないようですから安心ですね。私が行った「COLORプラス」さんの場合は株式会社パイモアのRANDE COLORというカラー剤だそうです。

もし、アレルギーなどで不安なら、美容師さんにその場で言えばきっと説明してくれると思いますよ。(施術前にアレルギーなどについてお尋ねのカルテに記入します)

スポンサーリンク

まとめ

デメリット

美容室の雰囲気やおもてなしのサービスも含めて楽しみにしている人はガッカリする。

カット、パーマ、ブローはサービスに無いので、そのサービスを受ける他のお店をキープする必要がある。

メリット

カットとカラーのサイクルが合わない、とか急にカラーだけしたくなった時に便利。

過度に話しかけられたりせず、淡々と快適に施術が終わること。

安く済むので、浮いた分を他の化粧品やエステなどの美容に廻せる。

予約がとりやすく、施術時間も早くすむので、忙しい人には便利。

白髪カラーの場合は根本だけの施術ですむので、全体染めを薦めがちな美容院と比べると髪の痛みが軽減されると思う(個人的推測ですが、多分そうだと思う)

以上が、いろいろ調べた結果と実際に行ってみた報告です。

いかがでしたでしょうか?

「行ってみたくなった方」

「やめとこう。。と思った方」

いろいろだと思いますが、参考になればうれしいです!

ドラッグストアの市販のカラー剤で自宅ケアする場合の注意点です

↓↓↓↓

<<「白髪染め 」安い美容院?自宅ケア?に迷ったら

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする