老眼が進む?と心配な方へ|老眼鏡をかけない方が老眼を悪化させます

かけ慣れるとやっぱり便利な老眼鏡ですが、最近さらに見えにくくなったのは老眼鏡をかけてるせい?と心配になった”アラフィフりすこ”です。

いろいろ調べてみたら

「老眼鏡をかけることで老眼が進行する」という事はありません。

むしろ裸眼で見ようとすれば、目の疲れからさらに目の状態が悪化する可能性があります。

安心して好きな老眼鏡を楽しみたいですね。

最近人気のおしゃれな老眼鏡も合わせてご紹介します。

参考になさって下さい。

スポンサーリンク

そもそも老眼って何?

アラフィフになれば誰でも直面する「老眼」ってそもそも何なのか?

人間の目はカメラのレンズの役目をはたしている水晶体を毛様体筋という筋肉で引っ張ってピントを合わせています。

しかし年を重ねると、この毛様体筋も筋肉のひとつなので、衰えて調整能力が落ちてピントがあわせづらくなる状態を老眼といいます。

一般的には老眼は「近くのものが見えずらい」というのが代表的な症状ですが

その他にも「手元から遠くへ視線を移した際にピントが合うまで時間がかかる」も老眼の症状のひとつです。

実はその調整能力の衰えは早い場合は20代から始まっていて、40代で自覚症状が現れ、50代でほとんどの人が自分は老眼だと自覚します。

特に最近はスマホの影響で30代でも既に老眼の症状を感じる方が増えているみたいです。

ちなみにどこまで進むのか?ですが概ね70歳くらいで進行はとまります。

老眼は老眼鏡をかけないと悪化する?

残念ながら老眼は人によって症状の出るタイミングも進み具合もいろいろですが、治療法は確立されていません。

その対応には老眼鏡しかありません。

が・・・・まだまだ老眼鏡に対するイメージはネガティブなものが多く積極的に老眼鏡をかける人は少なくて、不便で仕方ないので渋々という感じが多いのが事実です。

ですが、そのような思い込みが「かえって老眼を悪化させる」のです。

「老眼鏡をかけることで老眼が進行する」という事はあり得ません。

老眼鏡をかけ始める時期が、老眼が進行する時期と重なるためにそんなイメージがあるだけです。

むしろ我慢して裸眼で見ようとすれば、目の疲れが強まり、目の筋肉が疲労して、目の奥に痛みが出たり、ドライアイになったりと、いろんな問題がおきて、さらに目の状態が悪化する可能性があります。

「老眼鏡をかけることで老眼が進行する」という思い込みは改めましょう。

では最新の老眼鏡をご紹介します。

スポンサーリンク

老眼鏡の種類

まずは老眼鏡のレンズの種類をご紹介します。

老眼鏡には大きく分けると「単焦点レンズ」「多焦点レンズ」「累進屈折力レンズ」の3つの種類があります。

「単焦点レンズ」
ピントの合う距離が一定で、読書用として目から40㎝程度の距離にピントを合わせる「リーディンググラス」が一般的。合わせた距離以外は見えずらいため、パソコン用(60㎝~80㎝)読書用など、さまざまなシーンで使いたい場合は複数の老眼鏡が必要になります

「多焦点レンズ」
複数の距離を1つのレンズで見る。焦点距離の異なる2つのレンズを繋ぎ合わせているため「二重焦点レンズ」ともよばれる。

レンズの上部分が遠用、下部分が近用という構造になっていて、中央にその境界線が入っている。ひとめで老眼鏡とわかり、「ダサい」と敬遠されがちです。

「累進屈折力レンズ」

レンズの位置によって屈折力(度数)が変化します。

レンズ中央に線が入っていないので、見た目は普通のレンズと変わらず一見、老眼鏡とはわかりません。

「遠近両用」「中近両用」「近近両用」に分かれていて、複数の距離を1つのメガネで見えるようにしたものです。

例えば「遠近両用レンズ」なら上部分に「遠用部」、下部分が「近用部」で、中間部分からゆるやかに度数が変化していくようになっています。

老眼鏡ってダサい?

それでも老眼鏡って「デザインが古臭く、野暮ったくてダサい」

って思い込んでいるアラフィフの方も多いと思いますが、デザインの高いフレームを選べば、お洒落な老眼鏡が手軽に作れるようになりました。

ですから、老眼が進むのを防ぐためには、「少し見えずらいな」「もしかして老眼かな」と感じたら、早めに老眼鏡を使い始めた方が、良いのです。

参考までにデザインの良い人気の老眼鏡をご紹介します。

お洒落なお薦め老眼鏡

ペーパーグラス

価格15,000円~|西村プレシジョン

薄さ2㎜の日本の匠の技。世界最軽量

クリックリーダー

価格7,500円~|クリックショップ

ジョニー・デップ、樹木希林も愛用

Zoff リーディンググラス

価格3,900円~|ゾフ

2倍の視野を確保

FLOAT

価格6,200円~|View Master

グッドデザイン賞を受賞

JINS リーディンググラス

価格5,000円~|JINS 

ブルーライトカットレンズも選択可能

スポンサーリンク

実は40代から使うのがお薦め

複数の距離にピントを合わせられる「累進屈折力レンズ」にお洒落なフレームはかつての、年寄じみていた老眼鏡のイメージを変える画期的なメガネ!といえるのですが・・・・

ひとつだけ弱点があります。

それはゆがみからくる使い勝手の悪さです。

特に遠近両用タイプを使う場合、遠くから近くに視線を移す場合、ゆがみを感じて気分が悪くなったりめまいがしたりする場合があります。

この「ゆがみ」の正体は、遠用と近用の度数の差をあらわす「加入度数」です。

この「加入度数」の数値が大きいほど、視線を移した時にゆがみが起きやすくなります。

「はじめて累進屈折力レンズを使う場合は加入度数+2Ⅾ(Ⅾは屈折力の単位)以上だと慣れるまで時間がかかったり、違和感が強く出ます。

ですので累進屈折力レンズに慣れるには、加入度数が小さいレンズから慣れていくとスムーズに使いこなせます。

そのためには、老眼の度合いがまだそれほど大きくない40代のうちから使い始めるのがお薦めです。

60代になって急に、遠くを見る時は上目遣いで、近くを見る時は目線を下げる、という事になれるのは大変です。

また、遠用部分から近用部分までの距離が長くなり、度数の変化の割合がゆるやかになるため、レンズの縦のサイズを32㎜以上にすると、ゆがみは少なく慣れやすくなります。

累進屈折力レンズに興味はあるけど不安な場合は、事前に実際にメガネ店に行ってみて、累進屈折力レンズを体験してみる事をお薦めします。

慣れないと場合によっては、視界が回って見えたりする事もありますのでぜひやってみて下さい。

まとめ

〇「老眼鏡をかけることで老眼が進行する」という事はありません

〇むしろ我慢して裸眼で見ようとすれば、目の疲れのためが強まり、さらに目の状態が悪化する可能性があります。

〇最近ではお洒落なデザインの老眼鏡も増えています。

〇累進屈折力レンズの遠近両用タイプを使う場合は40代から使い慣れた方がスムーズに使いこなせます。

見えづらくて辛いのに、「老眼鏡かけるとさらに目が悪くなるかも。。」と心配で我慢してる方は、迷わず素敵な老眼鏡を捜してみて下さい!

スポンサーリンク

<<老眼鏡の度数が合わない!時の選び方|チェックポイントは3つ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする