白湯が「効果なし」と思ったら3つの間違いが原因かも?

「白湯」と書いて「さゆ」と読みます。

最近芸能人やモデルさんが薦めてるから~と始めてみた「白湯ダイエット法」

やってみたけど、効果が出ないからもうやめようかな~?って思っている方、ちょっと待ってください!

白湯を飲むことを習慣化したことで、ベスト体重を維持している”アラフィフりすこ”が「白湯の効果が出ない!」と思っているあなたの疑問をスッキリ解決!!

実は白湯の効果が出ない時は、3つの間違いをおかしている可能性があります。

その3つの間違いを体験談を交えて詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

白湯の温度や飲み方が間違っている

白湯の温度が体温より低い

体内温度(体温より少し高くて38度~40度くらい)より高い温度の白湯を飲むことが「内臓を温めて体温を上げる」ためには超重要です!

ですので、夏など熱くて飲みずらいからといって必要以上に冷まし過ぎたりしたら効果なしです。

うっかりしてると冬は室温が低いのでカップの中であっという間に冷めてしまいますから、注意してください。

目安は最低でも40度程度の温度を保てるように飲んで下さい。(感覚的にお風呂のお湯が40度くらい)

体内温度より低くなってしまうと、白湯の良い効果は激減してしまいます。

なので白湯が冷めないように、工夫して飲むのが理想的。

私は夏は一気に飲むと確かに暑過ぎる~ので、飲む回数を増やして少しづつ飲んだり、冬は真空保温マグカップに入れて冷めない内に飲み切っています。

白湯を飲むタイミングを間違ってる

白湯を飲むタイミングとしてベストなのは「朝起きてすぐ」

これが一番大切!!なんですが、ただでさえ時間が無い朝に「白湯を作ってゆっくり飲む」

やってみると結構大変なんですよね。

ですが、起きてすぐの胃腸をあたため、体温を上げて基礎代謝をあげるために必ず守るべきタイミングです。

私は前の晩の夜に、熱めの白湯を作って真空の水筒にいれて保温しておく事もあります。

そして、朝の新聞チェック・メールチェック・TVのニュース番組チェックの時間帯に”ながら”で飲んでいます。

そういう風に、自分のもともとの朝のルーチンに組込んでしまえば習慣化するのもそれほど難しくはありません。

そして、お休みの日は、庭を眺めながら、深呼吸しながらゆっくり「白湯」を飲むのが最近の日課で、これは結構気に入ってます。

白湯を飲む量が適切では無い

白湯は体格やライフスタイルにもよると思いますが、一日に800mlが目安です。

これより少なすぎても、多すぎても効果が出にくいので注意して下さい。

少ないのは効果が薄い程度ですが、多すぎると、消化液が薄まりすぎてかえって胃腸に負担をかけたり、むくみの原因になったりします。

「何事も過ぎたるは及ばざるが如し」ですね。

作り方にこだわりすぎて億劫になっている

「正しい作り方」というのは確かにあります。

インド伝統医学「アーユルヴェーダ」の「ドーシャ」の法則 に基づいた作り方です。  

ですが、忙しい生活の中で毎日キッチリやろうと思ってもなかなか難しい場面があります。

特に朝の時間帯は身支度、家事、子供の世話と目が廻る時間帯です。

「正しい作り方」にこだわりすぎて億劫になってやめてしまうくらいなら、「アーユルヴェーダ」の事は一旦忘れて、ただ温かい水を飲むダイエット方法だと割り切ってみて下さい。

私は時間に余裕のある時は「正しい作り方」無い時は自分流の作り方で続けていますが、ちゃんと効果は出ています。

ミネラルウォーターを準備出来れば、あるいは浄水器で除去できれば、水道水でも塩素をとばすために10分間もブクブク沸騰させなくても、大丈夫です!安心してください。

スポンサーリンク

結果を焦ってストレスになっている。目安は3か月。

食事療法でカロリー制限をしたり、運動でのカロリー消費量を増やす、などのさまざまなダイエット法に比べると、基礎体温を上げて基礎代謝量を増やす事がダイエットにつながる「白湯ダイエット」はハッキリ言って、すぐには結果は出ません。

私の場合は1ヶ月過ぎた頃から、「アレ?体重が増えないぞ?」となりました。

実は私が「白湯」を飲み始めたのは、「便秘」に良いと聞いてのスタートでしたので、体重については最初あまり気がつきませんでした。

もともと普段から2kg程度は体重が増減するタイプでしたので、「ああ、最近食べ過ぎてないから体重増えないのかな~?」程度でした。

その後、ジワジワと体重が減っていき、3ヶ月経った頃には暴飲暴食が続いても体重がベスト体重から増えない!!を確信しました。

つまり。。

「基礎代謝が上がって、体脂肪率が下がって、太らない体質」になるのに、

私の場合は3ヶ月かかりました。

これは、ダイエット方法としては効果が出るまでにかかる期間は長い方だと思います。

効果が出ない間が長いので、その間に心が折れてやめてしまう方が多いかと思います。

ただ逆を言えば、体質自体が変わるので少しの事ではリバウンドしない「痩せやすいカラダ」を手に入れる事が出来ます。

焦らずじっくりと取り組む価値は十分あります。

さらに!!白湯ダイエット」に向いてない人もいる

白湯ダイエットが効果があるのは、体温を上げて基礎代謝をあげるというのが基本です。

なので、もともと体温が高めで体脂肪率も低めの筋肉質の方には白湯ダイエットは効果は出にくいです。

どちらかというと、「低体温、むくみやすい(巡りが悪い)胃腸が弱い」というタイプの方に効果が出やすいと思います。

もし1ヶ月経っても効果が出始めないなら、自分の体質に合わせたダイエット方法を見極める事も大事です。

スポンサーリンク

まとめ

”水を沸かすだけで良いのなら、時間もお金もかからないから”

と白湯ダイエットを始めたけれど。。。”もうやめようと思ってる”

という場合は、大体は白湯の温度・タイミング・量を間違っていたり、作り方にこだわりすぎていたり、結果がなかなか出ないことに焦っている。が原因だと思います。

体質改善を伴うダイエット方法なので、即効性は無いですが続ければ必ず良い結果になります。気長に続けることで、「痩せやすいカラダ」を手に入れる事ができます。

この記事を読んで、もう少し続けてみよう!という気になってもらえたらうれしいです。

白湯の効果や私流の作り方を詳しく紹介している記事はこちら

↓↓↓↓

<<「白湯」健康法は驚くほど効果!-2Kg痩せた体験談

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする