マタハラ企業なの?武井咲さんのCM違約金に違和感

スポンサーリンク

「武井咲さんのさずかり婚でCM違約金が10億」なんて情報を聞いて、アラフィフな私、まあ~つまり「おばちゃん」は怒ってます。

事務所とどういった契約になっているのかは知らないので、世間の「そういう契約なら計約違反でしょ」って意見は正論かもしれないし、法的に反論する気は無いのですが、子供を産み育たひとりの女性として怒りを感じます。

世論では避妊しなかった責任を批判している方もいるみたいですが、妊娠は100%コントロールできるものでも無いです。

真剣に交際していて予期せぬ妊娠なんて誰にでもあり得る事です。

それよりも妊娠した結果を大事にして結婚という決断をした武井咲さんとEXILEのTAKAHIROさんに対して、正直私は今までは全く興味がありませんでしたが、とても好感を持ちました。

現在ドラマ「黒革の手帖」で共演している女優真矢みきさんがTV番組でコメントされていました。

9月4日のTBS系「ビビット」で、武井さんが和服を着るシーンが多かったことに触れ「全く気付かなかった。すごく我慢強い」と妊娠中にもかかわらず、和服の演技を貫いたことに感嘆の声を上げた。

さらにyahoo ニュースでは

「一緒に撮影していて、見とれるぐらいきれいなことが何度もあるんで、こういうことも関係したのかな」と、結婚、妊娠が武井を輝かせていたのかもしれないと推測。そして「なによりも女優、いろんな経験が力になる、血となり骨となるので武井さん、非常に楽しみ」と、これからの武井の活躍にも期待を寄せた。

 妊娠初期とはいえ、帯を締めることで腹部が圧迫されたり、気分が悪くなることも十分考えられるが、真矢は「全く(気付かなかった)。すごく我慢強いというか、何も迷惑を周りにかけてないし、気遣いが行き届いていたと思います」と感心していた。

いやあ、これって新しいプロジェクトで張り切っていたOLさんが突然妊娠が分かったけれど、とにかく会社には迷惑かけないようにって、必死で出張頑張ってます。的な感じですよね。

ものすごく共感しますし、あんまり頑張りすぎないで!って心配すらしちゃいます。

武井咲さんは出産後も早い時期に仕事を再開するという報道がありました。立派だと思いますよ。

どうして、女性ばかりが結婚や出産でこれほどまでに追い詰められなくてはいけないのでしょうか?

これは日本中のアチコチで繰り広げられている「マタハラ」と全く同じ構造です!

出産は確かにきわめて個人的な事ではありますが、社会的な意義も大きいと思うのです。

女性の活躍を促進しますとかなんとか、自治体や国は言ってはいますが、出産や子育てをみんなで温かく見守る社会じゃ全然無いっていうのが、今回の様な有名人へのバッシングでむき出しになりますね。

少子化の原因はここにあり!って感じです。

しかし、しかしですよ。

さぞかし様々な葛藤があったであろうけれど、「結婚と出産を決めた武井咲さんのCM」を企業がクレームつけて取り消したりしたならば、女性の消費者の共感が得られるとは思いません。

むしろ、特にCMスポンサーの中でも女性応援企業を謡ってる「資生堂」さんには「結婚、出産を経てますます輝く武井さん」をクローズアップしたCMを打って欲しいです。

そりゃ、中には誹謗中傷したい方もいるかとは思いますが、マスメディア的には、仕事も女性としての幸せも両方手に入れようと頑張る武井咲さんをぜひ応援して欲しいと思います。

そして、大企業がそういうメッセージを発信していってくれる事が、世の中の空気を変えていくひとつの方法だと思います。

もし、武井さんのCMを打ち切ったり責任を問う企業があれば、それは逆説的なメッセージを発しているという事です。

そんな判断をする企業は当然企業そのものもそういった経営マインドだろうし、これからは淘汰されて行くと思いますし、そうあって欲しいです!

スポンサーリンク

今回、武井咲さんの授かり婚で、マタハラについて具体的にいろいろ感じたわけですが、先のコメントの真矢みきさんの様に、私も若い女性を応援していくおばちゃんでありたいなと強く思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする